カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年11月に読んだ本

なかなか更新できず失礼しております。
最近忙しく時間が取れません。残念ですがちょっとブログをお休みしようと思います。

もともとはいつか古書のネット販売ができればと思って、このブログタイトルもつけたのですが今のところ夢ですなあ。年末ジャンボに期待して、余裕のある生活ができれば(笑)。

読書メーターではわずかながら読了感想を残しています。よろしければ遊びにいらしてください。
ちょっと早いですが、来年が皆さまにとって良い年でありますように

2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2305ページ
ナイス数:98ナイス

古都トコトコ記・断食への道 (角川文庫)古都トコトコ記・断食への道 (角川文庫)感想
秋の京都や奈良に行きたくて読んでみた。いつもながら世間の良し悪しには便乗しない潔い人だ。参考になったような、ならんような。
読了日:11月6日 著者:銀色夏生
覆面作家の愛の歌 (角川文庫)覆面作家の愛の歌 (角川文庫)感想
表題作がややこしすぎて理解不能(泣)。静さんとお兄さん、千秋さんと良介の恋の行方のほうが単純に楽しめます。
読了日:11月8日 著者:北村薫
図書館の死体 (ハヤカワ文庫―ミステリアス・プレス文庫)図書館の死体 (ハヤカワ文庫―ミステリアス・プレス文庫)感想
聖書が出てくるのでややこしいかと思いきや、すごく面白くて引き込まれてしまいました。ずっと積ん読にしてたのが悔やまれます。
読了日:11月20日 著者:ジェフアボット
図書館の美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)図書館の美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
いつの間にかモテモテになったジョーディ。いろいろ首をつっこみすぎたせいで大変なことに。このシリーズ映像化されてないのかな。ちょっと当たった小説はすぐ映像化される日本とは違うんだろうか。
読了日:11月22日 著者:ジェフ・アボット
図書館の親子 (ミステリアス・プレス文庫)図書館の親子 (ミステリアス・プレス文庫)感想
これまでのシリーズで一番面白かった。だんだん図書館からはなれていくので、図書館ならではの仕掛けをもっと入れてほしいな。
読了日:11月28日 著者:ジェフアボット
本の運命 (文春文庫)本の運命 (文春文庫)感想
とてつもない量の個人蔵書から図書館が出来上がるとは。資料としても価値ある本は、みる人をきっと満足させることだろう。
読了日:11月29日 著者:井上ひさし
職業としての小説家 (Switch library)職業としての小説家 (Switch library)感想
ハルキさんの誠実なところが手に取るようにわかる一冊。ファンなら必読!!
読了日:11月30日 著者:村上春樹

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

コメント

非公開コメント

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

本の雑誌 学校図書館 ブックデザイン HONZ レファレンス クラフト・エヴィング商會 海外の図書館 新聞社 岡崎武志 アアルト 装幀 映画化 ミシマ社 ブックカフェ 大学図書館 辞書 永江朗 本屋大賞 震災 司書 図書館員 個性派書店 村上春樹 本好きの芸能人 読書術 公共図書館 編集者 古本 写真集 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。