カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン著 青木千鶴訳/ハヤカワミステリ文庫

確かいつぞやのこのミスで1位を獲得し、なぜか日本で映画化され上川隆也が主演した小説。

結構分厚くて海外小説苦手な私には読むのに勇気がいった。でも思ったより難解な部分もなく、意外とすんなり読めた。
で、感想は中の上、と言えばなかなかのものだ(なんで上から目線なんだ?)。

いくつものペンネームを使い分けて二流小説を書いている主人公が、凶悪殺人犯の告白本執筆を依頼される。そこから新たな殺人事件に巻き込まれ、事件の真相を追っていくことに…。

第一発見者から当初容疑者扱いもされながら、結構自由に現場を動き回るのはちょっとあり得ん気もするけど、「夜行観覧車」(湊かなえ)もでも事件の当事者家族がどんどん動いてたので、そこをついてしまうと小説として成り立たないのか。あるいはホントに意外と動けるものなのか?
うーん、どっちかな。

でも、SFやミステリーやヴァンパイヤものなど、爆発的に売れずとも何作か続けられるような固定ファンもいるということは、別に売れないことを卑下するようなことはないんでないの?というのが率直な感想。ようはそれを卑屈に思うかどうかの個人的性格なんじゃなかろうか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

コメント

非公開コメント

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックデザイン 新聞社 本屋大賞 写真集 アアルト 大学図書館 辞書 ミシマ社 村上春樹 古本 個性派書店 レファレンス 岡崎武志 本好きの芸能人 編集者 クラフト・エヴィング商會 読書術 映画化 司書 図書館員 永江朗 学校図書館 海外の図書館 装幀 公共図書館 本の雑誌 震災 HONZ ブックカフェ 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。