カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本の逆襲』内沼晋太郎著/朝日出版社

なぜか全頁緑色、目にいいのか悪いのか? それはさておき…。

下北沢でおしゃれな本屋B&Bを経営する内沼さん、
ブックコーディネーターとしても有名。
本文化が廃れていくという提言に反して書いたのがこの"逆襲"。

特に印象に残ったのは冒頭の、

たとえば「飲食業界の未来」と「食の未来」、「アバレル業界の未来」と「ファッションの未来」とは、別のものだと考えるようになりました。「出版業界の未来」ははっきり言って暗いけれども、生き残る方法はたくさんあるし、「本の未来」に至ってはむしろ明るく、可能性の海が広がっているとぼくは考えています。

ということ。

齋藤孝先生の本によく、著者が一番言いたいことは読み始めてすぐ書かれてある、と書いてある。おお、まさしくこれ。この可能性について、内沼氏独特の意見が述べられている。本書を読むと、どこまでを本ととらえるか、紙の本だけが本か、ということにしばられていることが、ある意味どうでもよくなる。

本屋にできることは本を人とをつなぐこと。だったら手段は問いませんという考え方が、本の未来を広げているんだなあ。ヴィレッジヴァンガードを思い浮かべるとわかりやすいかも。考えさせられる~。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 個性派書店

コメント

Re: No title

ありがとうございます。行かれたらぜひ感想をお聞かせください。
お店の書棚も売り物だそうですよ。セレブのごとく、
「ここからここまで全部ちょうだい」と言うのが私の夢です(笑)。

No title

興味深く読みました。下北沢は行動範囲内なので、一度B&Bを覗いてみたいと思っております。
非公開コメント

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックデザイン 新聞社 本屋大賞 写真集 アアルト 大学図書館 辞書 ミシマ社 村上春樹 古本 個性派書店 レファレンス 岡崎武志 本好きの芸能人 編集者 クラフト・エヴィング商會 読書術 映画化 司書 図書館員 永江朗 学校図書館 海外の図書館 装幀 公共図書館 本の雑誌 震災 HONZ ブックカフェ 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。