カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年9月に読んだ本

めっきり秋らしくなりました。はー、すぐに冬がやってきそう。
ぼーっとしていると時はあっと言う間に過ぎてしまうので、せめて起きている間はちゃんとしようと思う今日この頃。(寝るのは至福のひとときなので、睡眠時間をけずろうとは思わないので)

やっぱ今の仕事は3月で辞めようと思い、それまででできることを今から計画だてていこうとしているところ。時間を無駄にしないようにやりたいことをどんどんやってみよう。ちょうど秋が何を始めるのにいい季節。チャンスを逃すな!

それに秋は古本祭りの季節でもあります。たくさんの本から自分の欲しいものを選ぶあのひと時がたまらん!

9月に読んだ本も古本として購入したものがほとんど。来週は天神さんと四天王寺さんに行きますよー。

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2449ページ
ナイス数:99ナイス

五月女ケイ子のレッツ!!古事記五月女ケイ子のレッツ!!古事記感想
著者が言うように「古事記のよいところは突然なことが当たり前のように淡々と行われていること」というのが、しれっと描かれているのがたまらなく面白い。出雲大社と高千穂峡にはぜひ行ってみたいです。
読了日:9月4日 著者:五月女ケイ子
乳がん治療日記 まんがおっぱいがたいへん!!乳がん治療日記 まんがおっぱいがたいへん!!感想
以前友人が乳がんになったので知識として知っておきたかった。手術も大変だけど、その後の治療も大変なんだ。この手の本、もっとたくさんあればいいな。
読了日:9月5日 著者:さかいひろこ
本を作る現場でなにが起こっているのか!?本を作る現場でなにが起こっているのか!?感想
電子書籍や大学生が商業出版していること、出版企画をメール配信して売り込んでいることなど知らないことが多く、それぞれをもっと深く知りたいと思いました。
読了日:9月6日 著者:
古書ミステリー倶楽部古書ミステリー倶楽部
読了日:9月7日 著者:松本清張,城昌幸,甲賀三郎,戸板康二,石沢英太郎,梶山季之,出久根達郎,早見裕司,都筑道夫
二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕感想
海外作品でこの分厚さにしては、すんなり読めました。 グロさは満載だけどひょうひょうとした主人公のおかげで、それほどエグくはならなかったかも。この作家の次回作にも期待です。
読了日:9月13日 著者:デイヴィッド・ゴードン
青年のための読書クラブ (新潮文庫)青年のための読書クラブ (新潮文庫)感想
100年経っても乙女たちの根本は変わらない。読書クラブよ永遠なれ。華麗なる女子高の裏歴史、それだけでも興味津々。
読了日:9月19日 著者:桜庭一樹
ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)感想
なにげない1コマをハルキ・ムラカミが語るとおしゃれっぽくなる。そこに水丸さんのイラストが入ると、より一層それが高まる。しかしハルキさん、ギョーザが好きではないのか。珍しい人だな。
読了日:9月20日 著者:村上春樹,安西水丸
いつも読みたい本ばかりいつも読みたい本ばかり感想
素直で心優しい人柄が文章に表れていて、読んでて気持ちよかったです。夫シーナさんと似たもの夫婦の様子がすごくほほえましく思えました。
読了日:9月22日 著者:渡辺一枝
としょかんへ いこう (講談社の創作絵本)としょかんへ いこう (講談社の創作絵本)感想
子どもにこの手の本を探すと形式ばった固い読み物になりそうだけど、これは面白い!。クイズや迷路がたくさんあって、親子で何度でも楽しめそう。
読了日:9月26日 著者:斉藤洋,田中六大
御書物同心日記 (講談社文庫)御書物同心日記 (講談社文庫)感想
出久根さんが語る後書物同心の話なので、信憑性があって面白い。虫干しがメインイベントの仕事って、かなりの本好きじゃないと退屈かも(笑)。
読了日:9月29日 著者:出久根達郎

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

コメント

Re: No title

以前に林真理子さんがどなたかに「60歳すぎれば社会に貢献した仕事をする必要がある」と言われた、というようなことを話されていたのを、読んだか聞いたかしました。著名な方ならできそうですが、一般的にはなかなか難しいですよね。でもたんめん老人さんは先生もされてたし(そうでしたよね?)、そういう思いも強いのでは? 
無理なく自分が楽しみながらできるのが一番ですよね。

No title

9月に読んだ本は私も10冊でした。その10冊を通して、自分について何を語るか――あまり語れそうなことがない――というのが問題だと思っております。読書だけでなく、読書と結びついた社会的な活動を展開しなければならないと思うのですが、どうするのがいちばんいいのかと思いまどっているところでもあります。
非公開コメント

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

本の雑誌 学校図書館 ブックデザイン HONZ レファレンス クラフト・エヴィング商會 海外の図書館 新聞社 岡崎武志 アアルト 装幀 映画化 ミシマ社 ブックカフェ 大学図書館 辞書 永江朗 本屋大賞 震災 司書 図書館員 個性派書店 村上春樹 本好きの芸能人 読書術 公共図書館 編集者 古本 写真集 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。