カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪魔が本とやってくる』吉野朔実著/本の雑誌社

第7弾では多岐にわたってちょっとしたコメントが楽しめた。(私が読んだのはここまでなので、このシリーズはいったん休憩。連載は続いてるから単行本は増えるだろうけど)

冒頭からたくさん本を読んでも内容をまったく覚えていないという話。相変わらず自分もそうだ。ブログを書いてるにもかかわらず…。
結論は、

記憶力が弱いからこそ読み続けることが大事なのかもしれない


同感!

あとは「きっと怒ると思うんです」といって本をすすめられた、という話あり。相手の人となりと読書歴を知っているからこそ、同じ個所で怒るだろう、そしてその怒りを語り合いたい、というフクザツな楽しみ方。本好きならではの屈折感だな。

対談ではイギリスの出版事情について。個人が装幀しなおす文化が定着しているから、その職人さんも健在だとか。しかしベストセラーでもセールになるのは早いんだって。再販制がないそうですよ。

イギリスではクオリティーの低い作品はあまりないそう。アメリカは多々あって、「ダ・ヴィンチコード」の英語はひどいという話になり、日本でいうところの「リアル鬼ごっこ」と比較されてたのが笑えました。わかりやすい例えだ(笑)。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

コメント

非公開コメント

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

本屋大賞 公共図書館 本好きの芸能人 ブックデザイン 読書術 大学図書館 海外の図書館 司書 村上春樹 写真集 辞書 図書館員 レファレンス 永江朗 ブックカフェ HONZ 編集者 本の雑誌 アアルト クラフト・エヴィング商會 学校図書館 新聞社 装幀 震災 映画化 古本 ミシマ社 岡崎武志 個性派書店 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。