カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年7月に読んだ本

毎日暑いですねー
もうちょっと頑張れば夏休み、ということでなんとか日々乗り越えてマス。皆さんはいかがでしょうか?

7月の仕事は、自分で初めて雑誌製本を業者に依頼しました。
公共図書館は雑誌はたくさんあるので1~2年保存であとは廃棄というパターンでしょう。大学図書館は学術雑誌が主なので、永年保存するものは合本して製本します。

自分で依頼してみてわかったのですが、業者は年々減っているようですね。雑誌も電子化が進み冊子体も価格が高騰し、学校の予算削減や書架の狭隘化も伴って製本数も減少しているのでしょうか。小さな製本所は廃業したり事業縮小で、大手しか残ってませんでした。小型書店の減少と同じですね。裏側事情がわかるのは興味深いですが、ちょっとさびしくもあります。

読んだ本は、シーナさんの本が増えました。癒しを求めています(笑)。

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1885ページ
ナイス数:92ナイス

本屋の森のあかり(6) (KC KISS)本屋の森のあかり(6) (KC KISS)感想
メインキャラの存在が薄かった6巻。その代わりに名古屋店の副店長たちが、いい方向に行く兆しが見えて一安心。上司によって押さえつけられる能力、どこの職場でもある話だなあ…。
読了日:7月4日 著者:磯谷友紀
書斎の王様 (岩波新書 黄版 324)書斎の王様 (岩波新書 黄版 324)感想
立花隆の書斎をテレビで見たことがある。本に埋もれて生活しているかのようだったけど、ご本人は何がどこにあるか覚えている。まるで脳内図書館。
読了日:7月7日 著者:
覆面作家は二人いる (角川文庫)覆面作家は二人いる (角川文庫)感想
それはありえへん設定やろー、と思っても気にさせない話の運びが、宮部さんの言う”本格派”なんだろうか。お嬢様と編集者と警察、意外な組み合わせが話の幅を広くする。ひょっとして「謎解きはディナーのあとで」はここからヒントを得た?
読了日:7月10日 著者:北村薫
素敵な活字中毒者 (集英社文庫)素敵な活字中毒者 (集英社文庫)感想
シーナさんたちの対談で、電車内でいつも読書しているせいで、改めて車窓を見ると「こんな景色だったんだ」と新鮮に思う、とあった。まったく同感。敢えて私は景色は見ないぞ。
読了日:7月18日 著者:
雨がやんだら (新潮文庫)雨がやんだら (新潮文庫)感想
せつなさと馬鹿馬鹿しさは表裏一体。シーナさんの本を読むといつもそう思います。最初の「いそしぎ」はまさにそれを表した作品。心打たれました。
読了日:7月23日 著者:椎名誠
いまこの人が好きだ! (新潮文庫)いまこの人が好きだ! (新潮文庫)感想
かなり古い本だけど、シーナさんの興味の対象が昔から変わってないことが安心します。とび職や演歌の流しなど、詳しく知らない世界がたくさんあって楽しめました。
読了日:7月24日 著者:椎名誠
悪魔が本とやってくる (吉野朔実劇場)悪魔が本とやってくる (吉野朔実劇場)感想
相変わらず知らない本ばかり出てくる。それでもやっぱり読みたくなる。興味の範囲が違う人の意見も聞くべし。意外な発見があって面白い。
読了日:7月25日 著者:吉野朔実
情報メディアの活用 (放送大学教材)情報メディアの活用 (放送大学教材)感想
最近の高校ではCiNiiを既に使っているのか、と今更ながら知る。放送大学のテキストって結構読みやすくて役立つ。
読了日:7月31日 著者:山本順一

読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

コメント

Re: No title

似鳥鶏さんってTVで一度見たことありますが、シーナさんの後輩だったとは知りませんでした。
私もファインマンの本を近々読みたいと思っています。
たんめん老人さんも暑さに負けずお過ごしくださいね!

No title

暑さの中で、お仕事大変でしょうが、頑張ってください。私の方、7月に読んだ本は10冊でしたので、そちらを2冊上回りました。椎名さんの本は読んでいないのですが、10冊のうち2冊は、椎名さんの千葉市立高校の後輩だという似鳥鶏さんの本でした。
非公開コメント

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックデザイン 新聞社 本屋大賞 写真集 アアルト 大学図書館 辞書 ミシマ社 村上春樹 古本 個性派書店 レファレンス 岡崎武志 本好きの芸能人 編集者 クラフト・エヴィング商會 読書術 映画化 司書 図書館員 永江朗 学校図書館 海外の図書館 装幀 公共図書館 本の雑誌 震災 HONZ ブックカフェ 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。