カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本屋へ行こう!!」洋泉社MOOK

毎年(?)出ているこのムック、新しいのが出ましたよー。

記事を見ると、今年は新しい書店さんがたくさん出てきた印象。
新刊書店でもこだわりの棚づくりで、良い意味でセレクト古書店のようになってきたかと。

先日初めて梅田の蔦屋書店に行ったときもオドロキました。
広い店内は円形になっていて、売り場をくるっと1周周る感じで、どこの棚もこだわりがスゴイ。
お客さんは楽しいけど、店員さんはさぞ大変だろうと心配になるぐらいでした。
(ちょうどペッパーくんが来ていて、ペッパー音頭を歌ってましたよ)

楽しい記事もさることながら、「絶歌」を売ることについてなどにも触れられており、
書店が人々に与える影響も考えさせられます。

例えば自分の大学図書館でこの本がリクエストされたらどうするか? 
判断は図書委員の先生方に任せて逃げることはできても、もし入れるとなったら私が発注かけるんだなー、とそれだけで凄い責任を感じます。

書店や図書館は文化の発展も担っている立場でもあるので、
いろんな議論が必要だと思いますね。


スポンサーサイト

テーマ: 雑誌(既刊〜新創刊)
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 個性派書店

『本の雑誌』2015年6月号/本の雑誌社

月遅れで失礼します。前回紹介した吉野朔実劇場が連載されているのは、この雑誌。
この号で創刊40周年を迎えた。

知る人ぞ知る、本の雑誌社は椎名誠氏が立ち上げた会社。40年前に椎名氏が編集長、目黒孝二氏が発行人としてこの雑誌は誕生した。ありがとう特大号として、椎名氏、目黒氏はじめ、沢野ひとし、木村晋介のおなじみのメンバーの本棚写真が掲載。濃密に本に親しんできた人の本棚を見るのは、とってもタノシイ。どんな本が並んでいるのか、自分が読んだ本もあるのか、1冊1冊見てみたい。

合わせて彼らそれぞれのエッセイも読みごたえあり。シーナさんの「たったひとつのきまりごと」では、創刊当初製作費はすべてシーナさんと目黒さんでまかない、原稿を書いてくれた人には一切お金をもらわなかったとのこと。そのため意にあわない原稿は載せないという方針を貫いたことが、40年生き延びた秘訣だったのだ。

自分たちが面白いと思ったことをやりとおすと、支持する人は必ず現れてやがて世間に認められる。単純だけど難しい仕事だったと思う。

内澤旬子さんが書く現在の編集長浜本茂氏の被服向上計画、出版社イメージのダンディを目指すくだりも、コアすぎて笑えるのでぜひご一読を!


テーマ: 雑誌(既刊〜新創刊)
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 本の雑誌 編集者

『ダ・ヴィンチ』2015年7月号/メディアファクトリー

待ってました!又吉特集。数々の著名人が又吉のことや「火花」について語っている。特集だからということもあるけれど、とにかくベタボメ。そーだろ、そーだろ、彼は天才なのだ。と思いながらもまだ自分は「火花」は読んでる途中だったりする。

樹木希林さんと又吉の対談で、樹木さんが日本ペンクラブの入会を又吉に薦めるくだりはなんだか凄い。この数カ月のめくるめく環境の変化に、又吉本人は一体どういう考えを持っているんだろう。Twitterでは恐縮しながらも自作には自信を持っていることが伺えるが。

又吉が吉祥寺界隈の古書店巡りをするというページもあり、無名の頃からも古書店主の間では有名人だった様子が面白い。あんな風貌でしょっちゅう純文学を買ってたら、そら覚えられるだろうな。西加奈子と中村文則の対談でも、又吉愛は炸裂。まさに同士という印象もあり、作家と認められてる気がする。

私もお金持ちであれば、又吉のパトロンになって好きなことをさせてあげたいと思う今日この頃なのだ…。ああ、どんどん彼がイケメンに見えてくる。


テーマ: 雑誌(既刊〜新創刊)
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 本好きの芸能人

『an・an』2015年5月13日号/マガジンハウス

既にバックナンバーとなってしまったが、お笑いコンビがananの表紙になったのは初めてだとか。又吉ありきの「人生を変える本」特集。

表紙につられて買ったものの、又吉が出てくるのはほんの数ページ。まあそんなものだ。ピースの2人が書店でそれぞれ好きな本を選ぶのだけど、好みもジャンルも違っていて面白い。普段のanan読者は勝手なイメージで言うと、あまり本を読まない綾部派かもしれない。そんな人にはピックアップされていた写真集や動物の本なんか、確かにとっつきやすいのかも。

最近又吉はあちこちで本を紹介しているが、一貫性はあるものの多くの本を深く読み込んでいるのがコメントからもよくわかる。私にとっては本の先生だ。

後半の西加奈子とプロレスラー棚橋選手の対談も興味深かった。棚橋選手が事件ものの読後に家族のことを考えるようになったと言うと、西さんは「それって物語だからやと思うんですよね」と言う。同じようなニュースを聞いてもそこまでは感情移入はしない。それこそ物語の力であり、ツールとしての可能性を持っている、とのこと。確かにその立場になって考えないとわからないことが多い。良いこと言うなー。


テーマ: 雑誌(既刊〜新創刊)
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 本好きの芸能人

『プレジデント Family (ファミリー)』2014年秋号/プレジデント社

またまた日本人ノーベル賞受賞者が増えて、世の親御さんはウチの子も将来は!と目を輝かせた今日この頃。ぜひ参考にどーぞ。
「賢い子が育つ魔法の本棚:東大、灘、開成 今の自分をつくった一冊」が特集。

先日のニュースで、大阪の府立高校図書館の約2割が開かずの図書館になっていることがわかった。専任の学校司書が削減され、担当者となった教員が手が回らず開館できないのが現状とか。これが悲しい今の現実。

でも優秀な学校は図書室の重要性をちゃんとわかっているのだ。子どもの頃から快適空間で資料と専任者がいるということは、好奇心をどんどん引き出す絶好の場所。大人の事情で子どもの可能性を潰しちゃダメ。

家での読書環境も整っている。子どもそれぞれの好きな分野を伸ばすよう、決して押し付けしないのがきっといいのだ。どうしても大人は文学を読めとか勉強につながるものを選びたがるけど、子どもだって自分の読みたいものは自分で選べるんだからほうっておくのも1つのやり方。簡単なアドバイスだけで子どもの世界は勝手に広がっていくのだからね。

プレジデント Family (ファミリー) 2014年 10月号 [雑誌]プレジデント Family (ファミリー) 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/09/05)
不明

商品詳細を見る

テーマ: 雑誌(既刊〜新創刊)
ジャンル: 本・雑誌

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックデザイン 新聞社 本屋大賞 写真集 アアルト 大学図書館 辞書 ミシマ社 村上春樹 古本 個性派書店 レファレンス 岡崎武志 本好きの芸能人 編集者 クラフト・エヴィング商會 読書術 映画化 司書 図書館員 永江朗 学校図書館 海外の図書館 装幀 公共図書館 本の雑誌 震災 HONZ ブックカフェ 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。