カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源氏物語ミュージアムへ行きました。

とは言うものの、源氏物語を国語の教科書でしか知らず、「あさきゆめみし」すら読んでいないというのは、司書としてはやはり恥ずかしい次第でアリマス。ここでお勉強できるかしらん。

入るとすぐに映画の上映があるからと案内され、浮舟のくだりを鑑賞。
ここは宇治、宇治十帖から入ると新鮮に感じられる。ちょうど浮舟が身を投げたという宇治川を渡ってきたので、妙に感慨深いものが。そうだ、大好きな林真理子さんが宇治十帖の小説を書いてたんだ! よし、まずはそれから入ろう。



館内では匂宮の香りや六条院の豪華なお屋敷レプリカも再現されていて、知らなくてもわりと楽しめました、はい。

金ピカ鳳凰

ホントは平等院に行ったついででした。初めて訪れたので、結構観光地化されていたことにオドロキ。もっと何もないところかと思ってたのに。日本の良きところで知らないところはまだまだたくさんあるんだ、としみじみ思う秋。どんどん出かけてみよう。

平等院鳳凰堂
スポンサーサイト

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

『ぶらぶらヂンヂン古書の旅』北尾トロ著/文春文庫

わたくし昨日まで3日間、文化庁主催の著作権講座を受講しに、
いざ京都大学まで行ってきました。

あー、京大ってスバラシイ。何て国際色豊かなんだろう。いろんな国の人が楽しそうに語らっている。見学の高校生もたくさんいて、みんな興味津々。例えば近所で子どもの頃からこんな風景を身近に見ていたら、もっと勉強して「京大に行きたい」って思ったかなー。時すでに遅し…。

お約束でお隣の吉田神社にもお参り。
「鴨川ホルモー」で儀式が行われたところですぞ。
オニはどこじゃ。

あ、肝心の講座ですが、これもまた大変わかりやすくてためになった! 
今まで難しくてお手上げだった著作権だったけど、ポイントを押さえて繰り返し具体例も教えて頂いたおかげで、脳のしわにジワジワと刻み込まれた感じ。この4月から一番充実した楽しい3日間でありました。

そんなわけで、そろそろ行楽の季節。シルバーウィークも混雑が予想されるので、のんびり古書の旅はいかが?

今日はお休み。これからツイン21古本市へ行ってきます! 
最終日なので掘り出し物はあるか?


テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 古本 司書

『神田神保町古書街2013』毎日MOOK

東京予習第2段。この本毎年出てるんだ、さすが古本の町神保町。ざっと164軒の古本屋さんが地図とともに細かく紹介されているのは、この地を巡るのにウレシイ限り。

古本に限らず作家の直筆原稿や書簡は、見るだけでも価値がある。ちりめん本は芸術品にもなり得る。絵はがきや子ども向けの古書だってある。
古本のテーマパークやー。USJのハリー・ポッターに負けてへんでー(ほんまか?)。

前回の『TOKYOブックカフェ紀行』にも載っていた「古本お休み処ブックダイバー(探究者)」というお店のご夫婦は、写真の立ち位置が右と左入れ替わっていて、しかも奥さんは同じお召し物だ。なんか可愛らしい。

ビルになってる神田古書センターは行くべきかどうか。やっぱお目当てを探してからかな。ビブリアの三上延さんが通う古書店も紹介されてる。ここに行けば会えるのか?

巻末の岡崎武志×塩山芳明の対談で、神保町には安くておいしそうな店がたくさんあることを知る。この表紙もカツカレーだしね。そーゆーの大好き。

神田神保町古書街2013 (毎日ムック)神田神保町古書街2013 (毎日ムック)
(2012/09/21)
不明

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 古本

『TOKYOブックカフェ紀行:TOKYO INTELIGENT TRIP04』玄光社MOOK

夏休みは久々東京に遊びに行こうと思って下調べしてみた。今やブックカフェはコーヒーだけじゃないんだ。食事も相当おいしそう。

目白のBook & Café Ehon Houseは海外の絵本中心のお店。濃いブルーの書架が子ども心をくすぐる。作家別ではなく「花の妖精」「動物・クマ」などの内容でジャンル分けしているのが楽しい。ここのオホーツクの塩アイスというのが、実は大人の興味を惹き付ける。

早稲田にあるTravel books & coffee CAT'S CRADLEは旅にまつわる本が中心。小さな本屋の一角でコーヒー片手に世界中を回れるのは気持ちよさそう。

東京は都会なのに緑が多い、というのは私が初めて訪れたときの印象。車がビュンビュン走ってても、一歩公園に足を踏み入れればうそのように静かで安らぐ。そんな場所が多くあるので、ブックカフェがあちこちにできるのもうなずける。

うーん、そんなに時間がとれないので、どこに行こうか迷ってしまう。やっぱりメニューに左右されるのか?

TOKYOブックカフェ紀行 (TOKYO INTELLIGENT TRIP 04)TOKYOブックカフェ紀行 (TOKYO INTELLIGENT TRIP 04)
(2012/11/28)
不明

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 個性派書店

本のバザールに行ってきました。

毎年恒例、大阪市立図書館で1人10冊リサイクル本を譲ってくれる。しかし今年で終わりなんだそうだ。月2回入れ替えのリサイクルコーナーを拡充させるとのこと。まあ職員さんの手間は減るだろうな。

10冊といえども文庫は5冊で1冊扱い、上下本やシリーズ本、挙句の果てには段ボール1箱分でも1冊扱いのものもあり(ちなみに中身は文学全集やシドニイ・シェルダン。行き場がないのかねー)。
慣れたおじさま方はあっと言う間に本を積み重ね、片隅に持っていき品定め。まるでバーゲン会場だ。
私の今年の収穫はこんな感じ。本のバザール(クリックすると大きくなります)

半分は椎名誠。余談だが古書店で人気がないのが椎名誠と林真理子というのを聞いたことがある。それだけみんなが読んで数が出回っているということか。しかし一度に好きな本を手に入れるというのは、なんともテンションが上がる。

上がりついでに帰りは近くの堂島ロールでおなじみのモンシェールへ。
フォレストモンシェール
いつの間にか「フォレストモンシェール」に変わっていたが、イートインスペースがなくなったくらいであまり変わりなし。中身はチョコバナナ
本もケーキも充実して頂きました~

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 古本

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックデザイン 司書 クラフト・エヴィング商會 レファレンス 辞書 学校図書館 アアルト 大学図書館 編集者 岡崎武志 公共図書館 海外の図書館 本の雑誌 永江朗 HONZ 本好きの芸能人 写真集 装幀 新聞社 震災 図書館員 村上春樹 ブックカフェ 読書術 ミシマ社 古本 個性派書店 映画化 本屋大賞 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。