カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『二流小説家』デイヴィッド・ゴードン著 青木千鶴訳/ハヤカワミステリ文庫

確かいつぞやのこのミスで1位を獲得し、なぜか日本で映画化され上川隆也が主演した小説。

結構分厚くて海外小説苦手な私には読むのに勇気がいった。でも思ったより難解な部分もなく、意外とすんなり読めた。
で、感想は中の上、と言えばなかなかのものだ(なんで上から目線なんだ?)。

いくつものペンネームを使い分けて二流小説を書いている主人公が、凶悪殺人犯の告白本執筆を依頼される。そこから新たな殺人事件に巻き込まれ、事件の真相を追っていくことに…。

第一発見者から当初容疑者扱いもされながら、結構自由に現場を動き回るのはちょっとあり得ん気もするけど、「夜行観覧車」(湊かなえ)もでも事件の当事者家族がどんどん動いてたので、そこをついてしまうと小説として成り立たないのか。あるいはホントに意外と動けるものなのか?
うーん、どっちかな。

でも、SFやミステリーやヴァンパイヤものなど、爆発的に売れずとも何作か続けられるような固定ファンもいるということは、別に売れないことを卑下するようなことはないんでないの?というのが率直な感想。ようはそれを卑屈に思うかどうかの個人的性格なんじゃなかろうか。


スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

『古書ミステリー倶楽部』ミステリー文学資料館編/光文社文庫

世田谷にミステリー文学館というところがあるのをご存じ? そこが企画した、古書を題材にしたアンソロジー。

せどり男爵数奇譚」に人間の皮膚を使って本を装幀する話があり、気持ち悪いなーと思ってたら本書にも掲載されていて、また読んでしまった…。やっぱ気持ちワル。

いやいや、そんなヘンな話ばかりではありません。戸板康二「はんにん」は小さい子どもの勘違いの微笑ましいもの。

他の作品とやや様子が違っていたのは、早見裕司「終夜図書館」。
ジュニア小説作家の主人公が連れてこられたのは、おびただしい数のジュニア小説を所蔵している不思議な図書館。ミステリアスな図書館がほかにも収集しているものとは…。

今でいうラノベを敢えてジュニア小説と呼んでいるところに、微妙なこだわりが感じられる。羅列してあるジュニア小説のシリーズは圧巻。私はコバルト文庫で終わって良かったかも。しかもこの作品、なぜか句読点やかぎかっこがほとんどない。実験的小説のようで、なんでこんな書き方なのか、そこが私にとってはミステリーだったりする。


テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 古本

『青年のための読書クラブ』桜庭一樹著/新潮文庫

もう1冊学園ものを。

麗しき伝統あるお嬢様学校の、裏歴史を語り継いでいく読書クラブのお話。

自分が中学や高校選びをしたとき、女子高ってまるで興味なかった。女子だけってキモチワルイ、とか言いながら大学は女子大に行ってしまったけど…。今でも女性専用車両は好きじゃない。化粧臭いし。でも女子高は女子高なりに楽しみ方があるらしい。

本書の女子高は毎年王子が選ばれる。もちろん王子も女子なのだけど、宝塚のように女子が憧れる王子さま的女子。そして読書クラブをはじめ生徒会、新聞部、演劇部など、みんな話し方が論理的男子っぽくていい。3年間かけて学校という舞台でそれぞれが役割を演じているようで、ゾクゾクする楽しさがある。

その中で卑屈感を背負ったものが集まり、
紅茶を飲みながら本を読むだけの読書クラブ
実は学園の黒い歴史の語り手なのだ。

こんな女子高なら自由で良さげ。決してつるまないところがいい。誰にも邪魔されず個人の楽しみを満喫できる環境は心地よい。

無理に人にあわせる必要はないのですよ。
1人で本を読むのが楽しければ、それだけでシアワセのです。


テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

『星間商事株式会社社史編纂室』三浦しをん著/ちくま文庫

コミケに行ったことってある? 私は学生の頃に1~2回。友人が同人誌でマンガ描いてたし、文章担当でちょこっと載せてもらったことも…。なので親しみやすい、このテの話。

幸代は星間商事の社史編纂室に勤めるOL。というのは仮の姿(?)で、いわゆる腐女子として友人と同人誌を創ることを生きがいとしている。ある日星間商事の社史を創るべく社内の歴史を調べていたところ、空白の年があることがわかる。いつわりのない社史を目指そうとするが、触れてはいけない会社のウラ事情を知ってしまう。そこで幸代たちが下した決断とは?!

今のコミケはコスプレ大会のイメージが強いかも。でも同人誌愛に溢れる大人たちは、こっそりカートを持ってひたすら目的地に歩いていくのだ。たくましいなあ。

ネットが普及して誰もがブログやSNSで発信できるようになったけど、こうした地道な冊子体制作活動も終わることはなぜかない。それだけ楽しいんだよね、実際に自分たちの本ができるのが。人に読んでもらうのってこっぱずかしいけど、ウレシクもある。

だからやめられないんだよね。


テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

『はじめまして、本棚荘』紺野キリフキ著/MF文庫ダ・ヴィンチ

本棚荘という羨ましそうなネーミングのアパートには、よくわからない住居人たちが住んでいる。
大家さんは「昔はねえ、お家賃というのは本で払ったものですよ」と言う。だからいろんな本が出てくる話かと思ったら、その住居人たちの個性が強すぎて、本の中の架空の世界のような感じだった。

主人公はとげ抜き師(ほら、ここからしてわからない)。住居人は猫遣いの男、寝てばかりいる留年生ヒナツ、野良のサラリーマン氏。全く何のこっちゃということで、すべてに安心する理由と結末をお望みの人には不可解な小説。但し雰囲気を楽しみたい人には面白いハズ。

常識の中での想像とは違う。どこからこんな発想が出てくるの?という突拍子もない世界が、本書には溢れ出る。何でサラリーマン氏が野良かというと、本人が猫の扱いで拾って来られて飼われてるから。

この世界では人には時々とげがはえ、抜くことによってすっきり暮らせる。さらりと書かれているので、実際に自分たちにもとげがはえてるのかもと思わせる。"とげ"が心のモヤモヤの比喩で…と考えるが、真相はわからないまま。そこがまたいい。

糸井さんじゃないけど、不思議、大好き。

はじめまして、本棚荘(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)はじめまして、本棚荘(MF文庫ダヴィンチ) (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2010/02/23)
紺野キリフキ

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックデザイン 司書 クラフト・エヴィング商會 レファレンス 辞書 学校図書館 アアルト 大学図書館 編集者 岡崎武志 公共図書館 海外の図書館 本の雑誌 永江朗 HONZ 本好きの芸能人 写真集 装幀 新聞社 震災 図書館員 村上春樹 ブックカフェ 読書術 ミシマ社 古本 個性派書店 映画化 本屋大賞 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。