カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年11月に読んだ本

なかなか更新できず失礼しております。
最近忙しく時間が取れません。残念ですがちょっとブログをお休みしようと思います。

もともとはいつか古書のネット販売ができればと思って、このブログタイトルもつけたのですが今のところ夢ですなあ。年末ジャンボに期待して、余裕のある生活ができれば(笑)。

読書メーターではわずかながら読了感想を残しています。よろしければ遊びにいらしてください。
ちょっと早いですが、来年が皆さまにとって良い年でありますように

2015年11月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2305ページ
ナイス数:98ナイス

古都トコトコ記・断食への道 (角川文庫)古都トコトコ記・断食への道 (角川文庫)感想
秋の京都や奈良に行きたくて読んでみた。いつもながら世間の良し悪しには便乗しない潔い人だ。参考になったような、ならんような。
読了日:11月6日 著者:銀色夏生
覆面作家の愛の歌 (角川文庫)覆面作家の愛の歌 (角川文庫)感想
表題作がややこしすぎて理解不能(泣)。静さんとお兄さん、千秋さんと良介の恋の行方のほうが単純に楽しめます。
読了日:11月8日 著者:北村薫
図書館の死体 (ハヤカワ文庫―ミステリアス・プレス文庫)図書館の死体 (ハヤカワ文庫―ミステリアス・プレス文庫)感想
聖書が出てくるのでややこしいかと思いきや、すごく面白くて引き込まれてしまいました。ずっと積ん読にしてたのが悔やまれます。
読了日:11月20日 著者:ジェフアボット
図書館の美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)図書館の美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
いつの間にかモテモテになったジョーディ。いろいろ首をつっこみすぎたせいで大変なことに。このシリーズ映像化されてないのかな。ちょっと当たった小説はすぐ映像化される日本とは違うんだろうか。
読了日:11月22日 著者:ジェフ・アボット
図書館の親子 (ミステリアス・プレス文庫)図書館の親子 (ミステリアス・プレス文庫)感想
これまでのシリーズで一番面白かった。だんだん図書館からはなれていくので、図書館ならではの仕掛けをもっと入れてほしいな。
読了日:11月28日 著者:ジェフアボット
本の運命 (文春文庫)本の運命 (文春文庫)感想
とてつもない量の個人蔵書から図書館が出来上がるとは。資料としても価値ある本は、みる人をきっと満足させることだろう。
読了日:11月29日 著者:井上ひさし
職業としての小説家 (Switch library)職業としての小説家 (Switch library)感想
ハルキさんの誠実なところが手に取るようにわかる一冊。ファンなら必読!!
読了日:11月30日 著者:村上春樹

読書メーター
スポンサーサイト

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

2015年10月に読んだ本

昨日新古書店のオープンセールに行ったときのこと。

店員さんも慣れておらず、「いらっしゃいませ」は言ってもらったものの、「ありがとうございました」とは誰ひとり言ってくれませんでした。およそ10人ほど店員さんはいたかな。1人が発声したら全員が繰り返すという美容院や居酒屋のパターン。レジの担当者が言い忘れたため、周囲の店員もだんまり。それっておかしくない?

挨拶ことばは自然と口から出るのが普通。それができないのは人としてどうなの。

コミュニケーション下手な若者は最近多い。うちの学生も「面倒くさいからこの本なおしといてください」と平気で言ってくる。
本人には悪気がないのがアイタタ。「どこになおしたらいいかわからないから、なおしてください」となぜ言えん! 困ったねー。

ま、昨日は100円の本を2冊買ったら1冊タダ、ということで2冊買って100円しか払ってないので、カリカリすることもないんですがね。

10月はギリギリ10冊読破。11月は11冊、12月は12冊と増やせればいいな。


2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2568ページ
ナイス数:134ナイス

センセイの鞄 (文春文庫)センセイの鞄 (文春文庫)感想
ツキコさんとセンセイ、2人の空間には現実的な背景など一切いらない。ただお互いがお互いのことを考えて、自分にとって必要な存在かをじっくりとかみしめればそれであとは何もいらない。ものすごく純愛だ。
読了日:10月3日 著者:川上弘美
続 御書物同心日記 (講談社文庫)続 御書物同心日記 (講談社文庫)感想
だんだん面白くなってきた。時々町人のふりで出掛ける丈太郎さん、のんきなサラリーマンみたいです。江戸時代の心配りが、今の時代にももっとほしいですね。
読了日:10月8日 著者:出久根達郎
東京百景 (ヨシモトブックス)東京百景 (ヨシモトブックス)感想
くすっと笑うとこがあると思えば、太宰的に小難しい文章もあり、当初からこの雰囲気だったかと納得する。常に何かを考えてる人だなあ。
読了日:10月11日 著者:又吉直樹
夜行観覧車 (双葉文庫)夜行観覧車 (双葉文庫)感想
事件の背景にいる人々が、こんな自由に動ける? あまりにも短絡的な住民たちで、逆に現実味なかった。世の中ってもうそんなにすたれてるのかなあ。
読了日:10月14日 著者:湊かなえ
本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)本の逆襲 (ideaink 〈アイデアインク〉)感想
本や本屋を広義の意味で考えると、こんなにも世界が広がるのか。発想を行動に変えるのは大変だけど、出版業界の未来はなくとも本の未来は明るく見えるというのに賛成。
読了日:10月15日 著者:内沼晋太郎
鉄塔のひと その他の短篇 (新潮文庫)鉄塔のひと その他の短篇 (新潮文庫)感想
ある日突然妻が知らない人になってたらわかるか?そんなようなこと私も考えたことあるけど、シーナさんの手にかかれば滑稽にも恐怖にも感じられてゾゾッとする。
読了日:10月23日 著者:椎名誠
空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)感想
電車で読み始めると、ちょうど頭の上に「古田織部展」の中吊り広告かあってびっくり。落語や焼き物など、興味の幅が広がりそうな作品。
読了日:10月27日 著者:北村薫
ほんの一冊ほんの一冊感想
おお、「ののちゃん」の藤原先生はついに作家になったのか! と、古本市で見つけて購入。作家先生になっても投げやりなスタンスは守られていて変に安心しました。
読了日:10月29日 著者:いしいひさいち
吉野北高校図書委員会 (MF文庫ダ・ヴィンチ)吉野北高校図書委員会 (MF文庫ダ・ヴィンチ)感想
高校生ってみんな可愛いなあ。それぞれがちゃんと自分と向き合っていることに、若者のたくましさを感じるゾ。本書を読んで共感した高校生よ、その感情を忘れずにいい大人になってください。
読了日:10月30日 著者:山本渚
劇画「蟹工船」 小林多喜二の世界 (講談社プラスアルファ文庫)劇画「蟹工船」 小林多喜二の世界 (講談社プラスアルファ文庫)感想
読むのに敷居が高かったけど、これなら読みやすい。こういう話だったんだ。共感を持つ人が多くブームになったということは、現在のガテン系派遣労働も似たようなところがあるのか。
読了日:10月31日 著者:白樺文学館多喜二ライブラリー(企画),藤生ゴオ(作画),小林多喜二(原作)

読書メーター

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

2015年9月に読んだ本

めっきり秋らしくなりました。はー、すぐに冬がやってきそう。
ぼーっとしていると時はあっと言う間に過ぎてしまうので、せめて起きている間はちゃんとしようと思う今日この頃。(寝るのは至福のひとときなので、睡眠時間をけずろうとは思わないので)

やっぱ今の仕事は3月で辞めようと思い、それまででできることを今から計画だてていこうとしているところ。時間を無駄にしないようにやりたいことをどんどんやってみよう。ちょうど秋が何を始めるのにいい季節。チャンスを逃すな!

それに秋は古本祭りの季節でもあります。たくさんの本から自分の欲しいものを選ぶあのひと時がたまらん!

9月に読んだ本も古本として購入したものがほとんど。来週は天神さんと四天王寺さんに行きますよー。

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2449ページ
ナイス数:99ナイス

五月女ケイ子のレッツ!!古事記五月女ケイ子のレッツ!!古事記感想
著者が言うように「古事記のよいところは突然なことが当たり前のように淡々と行われていること」というのが、しれっと描かれているのがたまらなく面白い。出雲大社と高千穂峡にはぜひ行ってみたいです。
読了日:9月4日 著者:五月女ケイ子
乳がん治療日記 まんがおっぱいがたいへん!!乳がん治療日記 まんがおっぱいがたいへん!!感想
以前友人が乳がんになったので知識として知っておきたかった。手術も大変だけど、その後の治療も大変なんだ。この手の本、もっとたくさんあればいいな。
読了日:9月5日 著者:さかいひろこ
本を作る現場でなにが起こっているのか!?本を作る現場でなにが起こっているのか!?感想
電子書籍や大学生が商業出版していること、出版企画をメール配信して売り込んでいることなど知らないことが多く、それぞれをもっと深く知りたいと思いました。
読了日:9月6日 著者:
古書ミステリー倶楽部古書ミステリー倶楽部
読了日:9月7日 著者:松本清張,城昌幸,甲賀三郎,戸板康二,石沢英太郎,梶山季之,出久根達郎,早見裕司,都筑道夫
二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕感想
海外作品でこの分厚さにしては、すんなり読めました。 グロさは満載だけどひょうひょうとした主人公のおかげで、それほどエグくはならなかったかも。この作家の次回作にも期待です。
読了日:9月13日 著者:デイヴィッド・ゴードン
青年のための読書クラブ (新潮文庫)青年のための読書クラブ (新潮文庫)感想
100年経っても乙女たちの根本は変わらない。読書クラブよ永遠なれ。華麗なる女子高の裏歴史、それだけでも興味津々。
読了日:9月19日 著者:桜庭一樹
ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)ランゲルハンス島の午後 (新潮文庫)感想
なにげない1コマをハルキ・ムラカミが語るとおしゃれっぽくなる。そこに水丸さんのイラストが入ると、より一層それが高まる。しかしハルキさん、ギョーザが好きではないのか。珍しい人だな。
読了日:9月20日 著者:村上春樹,安西水丸
いつも読みたい本ばかりいつも読みたい本ばかり感想
素直で心優しい人柄が文章に表れていて、読んでて気持ちよかったです。夫シーナさんと似たもの夫婦の様子がすごくほほえましく思えました。
読了日:9月22日 著者:渡辺一枝
としょかんへ いこう (講談社の創作絵本)としょかんへ いこう (講談社の創作絵本)感想
子どもにこの手の本を探すと形式ばった固い読み物になりそうだけど、これは面白い!。クイズや迷路がたくさんあって、親子で何度でも楽しめそう。
読了日:9月26日 著者:斉藤洋,田中六大
御書物同心日記 (講談社文庫)御書物同心日記 (講談社文庫)感想
出久根さんが語る後書物同心の話なので、信憑性があって面白い。虫干しがメインイベントの仕事って、かなりの本好きじゃないと退屈かも(笑)。
読了日:9月29日 著者:出久根達郎

読書メーター

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

2015年8月に読んだ本

もうおせちの予約が始まっています。
気づいてましたか、今年も既に後半の真っただ中です

知らぬ間に夏が過ぎて、ようやく来月から有休を頂ける身分になりました。仕事には慣れては来たものの、更に嫌な部分も見えてきて今後の身の振り方を悩む日々です。

とにかく時間がなさすぎる。仕事もヤマのようにあるし、勉強する時間もない。「うちの職場は勉強する時間は割けないので、自分でやってください」と試用期間終わりの面談で突き放された。唯一今月著作権研修に行くので、少しでも得るものを持って帰らなきゃ。

忙しいから時間がない、というのはある種言い訳。エラい人は忙しくてもなんでもやってるのだ。なんとか時間をつくって新しいことも始めたい。たとえば今急にハンドリフレに目覚めたのだ。将来的に古本屋でハンドマッサージってどう? 付加価値って必要だよね。

2015年8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2167ページ
ナイス数:93ナイス

読書と豊かな人間性 (放送大学教材 9927)読書と豊かな人間性 (放送大学教材 9927)感想
意外と読んだ本の感想を言い合う子どもたちが多い、というのには感心させられる。大人は相当の本好きでないと、なかなかしないものなあ。
読了日:8月6日 著者:朝比奈大作,米谷茂則
本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)感想
今、流行りの女子の古本屋かと思ったら、沖縄の本をもっと知ってほしいという確固たる信念が感じられて恐れ入りました。1日でも長く続けてほしいです。
読了日:8月11日 著者:宇田智子
もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵感想
シーナさん、編集長時代の1冊。雑誌や本に対する思いが人一倍強いのが伝わってきます。表題の短編も面白かったし、文藝春秋を読みつくすのが私にはツボでした。
読了日:8月12日 著者:椎名誠
作家の読書道作家の読書道感想
作家さんがココロ奪われた本はぜひとも読みたい。
読了日:8月13日 著者:
終の住処終の住処感想
芥川賞っぽい、と言えばそれまでなのだが、どうにもわかりそうでわからない。誰にでもある一面を掘り下げてあえて表面化させた印象。でもそれは表に出すには弱すぎたか?
読了日:8月14日 著者:磯崎憲一郎
くじらの朝がえりくじらの朝がえり感想
キャッシュレスのカード時代がくるとか、機内食が有料化されるとか、シーナさんの先読み力には驚かされます。
読了日:8月16日 著者:椎名誠
学校図書館メディアの構成 (放送大学教材)学校図書館メディアの構成 (放送大学教材)
読了日:8月23日 著者:北克一,平井尊士
巷説百物語 (角川文庫)巷説百物語 (角川文庫)感想
夏に読みたくなる作家さん(笑)。京極堂シリーズより読みやすいので、初読みの方にはオススメ。「舞首」は緊迫感があってゾクゾクさせられました。
読了日:8月29日 著者:京極夏彦

読書メーター

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

2015年7月に読んだ本

毎日暑いですねー
もうちょっと頑張れば夏休み、ということでなんとか日々乗り越えてマス。皆さんはいかがでしょうか?

7月の仕事は、自分で初めて雑誌製本を業者に依頼しました。
公共図書館は雑誌はたくさんあるので1~2年保存であとは廃棄というパターンでしょう。大学図書館は学術雑誌が主なので、永年保存するものは合本して製本します。

自分で依頼してみてわかったのですが、業者は年々減っているようですね。雑誌も電子化が進み冊子体も価格が高騰し、学校の予算削減や書架の狭隘化も伴って製本数も減少しているのでしょうか。小さな製本所は廃業したり事業縮小で、大手しか残ってませんでした。小型書店の減少と同じですね。裏側事情がわかるのは興味深いですが、ちょっとさびしくもあります。

読んだ本は、シーナさんの本が増えました。癒しを求めています(笑)。

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1885ページ
ナイス数:92ナイス

本屋の森のあかり(6) (KC KISS)本屋の森のあかり(6) (KC KISS)感想
メインキャラの存在が薄かった6巻。その代わりに名古屋店の副店長たちが、いい方向に行く兆しが見えて一安心。上司によって押さえつけられる能力、どこの職場でもある話だなあ…。
読了日:7月4日 著者:磯谷友紀
書斎の王様 (岩波新書 黄版 324)書斎の王様 (岩波新書 黄版 324)感想
立花隆の書斎をテレビで見たことがある。本に埋もれて生活しているかのようだったけど、ご本人は何がどこにあるか覚えている。まるで脳内図書館。
読了日:7月7日 著者:
覆面作家は二人いる (角川文庫)覆面作家は二人いる (角川文庫)感想
それはありえへん設定やろー、と思っても気にさせない話の運びが、宮部さんの言う”本格派”なんだろうか。お嬢様と編集者と警察、意外な組み合わせが話の幅を広くする。ひょっとして「謎解きはディナーのあとで」はここからヒントを得た?
読了日:7月10日 著者:北村薫
素敵な活字中毒者 (集英社文庫)素敵な活字中毒者 (集英社文庫)感想
シーナさんたちの対談で、電車内でいつも読書しているせいで、改めて車窓を見ると「こんな景色だったんだ」と新鮮に思う、とあった。まったく同感。敢えて私は景色は見ないぞ。
読了日:7月18日 著者:
雨がやんだら (新潮文庫)雨がやんだら (新潮文庫)感想
せつなさと馬鹿馬鹿しさは表裏一体。シーナさんの本を読むといつもそう思います。最初の「いそしぎ」はまさにそれを表した作品。心打たれました。
読了日:7月23日 著者:椎名誠
いまこの人が好きだ! (新潮文庫)いまこの人が好きだ! (新潮文庫)感想
かなり古い本だけど、シーナさんの興味の対象が昔から変わってないことが安心します。とび職や演歌の流しなど、詳しく知らない世界がたくさんあって楽しめました。
読了日:7月24日 著者:椎名誠
悪魔が本とやってくる (吉野朔実劇場)悪魔が本とやってくる (吉野朔実劇場)感想
相変わらず知らない本ばかり出てくる。それでもやっぱり読みたくなる。興味の範囲が違う人の意見も聞くべし。意外な発見があって面白い。
読了日:7月25日 著者:吉野朔実
情報メディアの活用 (放送大学教材)情報メディアの活用 (放送大学教材)感想
最近の高校ではCiNiiを既に使っているのか、と今更ながら知る。放送大学のテキストって結構読みやすくて役立つ。
読了日:7月31日 著者:山本順一

読書メーター

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

公共図書館 レファレンス 新聞社 ミシマ社 大学図書館 個性派書店 司書 写真集 古本 ブックデザイン 震災 村上春樹 学校図書館 辞書 本屋大賞 海外の図書館 HONZ 装幀 読書術 永江朗 アアルト クラフト・エヴィング商會 本の雑誌 図書館員 本好きの芸能人 岡崎武志 ブックカフェ 映画化 編集者 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。