カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハリー・ポッターと賢者の石』J. K. ローリング作 松岡佑子訳/ 静山社

今更なんだけど、やっと映画も観たし某テーマパークも賑わっているようなので、いいかなと思って。ぶっとい本で何巻もあるなと思ってたけど、開けてみるとやっぱ児童書。振り仮名ふってるし、これならすぐ読めそうだ。

映画でホグワーツ魔法学校の図書館としてロケで使われたのは、
イギリスのオックスフォード大学ボドリアン図書館
ここはなんとオスカー・ワイルド、C.S.ルイス、J.R.R.トールキンなど名だたる作家たちが学んだ場所。歴史と共に必然性も感じるねー。「ライラの冒険 黄金の羅針盤」も冒頭部分にも使われたらしい。こちらの映画続編は資金難でぽしゃっているらしい…。

途中ハリーが禁帯図書コーナーで探し物をする場面がある。
映像では本に鎖がついてたのを覚えてる? 中世ヨーロッパの特に修道院図書館などでは、貸出しない貴重な図書は鎖付図書として本を書架に留めてあったのだ。

余談だがこのシリーズ、タイトルが優先されていてバラバラになるとどれが最初かわからなくなる。「読みたいので順番を教えて」と以前学生に言われて、慌てて調べたこともある。もし何の手がかりもなければ、とりあえず奥付で発行年を確かめて古いものから読むべし。

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)ハリー・ポッターと賢者の石 (1)
(1999/12/01)
J.K.ローリング

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: 児童書
ジャンル: 本・雑誌

『もっと知りたい!本屋さんの秘密:本屋さんのすべてがわかる本4』稲葉茂勝文 秋田喜代美監修/ミネルヴァ書房

本屋さんに行くといつもあせる。とにかく読みたい本がたくさんあって、せっぱつまる感じ。あまり読まないジャンルの棚でも、じっくり見て回ると興味深い内容に必ずたどり着く。苦しいのだ、読みたくて。まさに中毒(笑)。

専門の棚を始め、今や専門の本屋もあちこちにある。鳥取の老舗書店今井ブックセンターは、書店員の学校として研修を取り入れている。本屋さんは人々や地域を育てる役割も担っている。書店員さんにはそういう思いを持っていてほしい。(あ、司書として自分もなのだ)

新しい本なのでデジタル万引きについても書かれていた。(本の中身をスマホとかで撮影するあれね)

うちの図書館でも撮影禁止、データは消去してもらう。最近は検索結果画面をメモせずに、写メしたものを持ってきて「この本どこですか」と聞いてくる。

今の学生はメモすらできないのか。メモするのと写メ撮るのとどっちが面倒くさい? メモのほうが簡単じゃね?と思うのは、古い時代の人間なのかなー。

もっと知りたい! 本屋さんの秘密 (本屋さんのすべてがわかる本)もっと知りたい! 本屋さんの秘密 (本屋さんのすべてがわかる本)
(2014/02/25)
稲葉 茂勝

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

『見てみよう!本屋さんの仕事:本屋さんのすべてがわかる本3』稲葉茂勝文 秋田喜代美監修/ミネルヴァ書房

本屋さんはカウンター内でもバックヤードでも忙しい。
先日うちの図書館で先生が本を返却される際、間違ってカウンター内に入って来られた。ご本人も無意識で驚いておられたが…(笑)。カウンター内は常にごちゃっとしてるので、人さまにはお見せできない。広報誌に写真を掲載してもらうのでも、必ず外で。

本屋さんのカウンター内には必ず売上スリップがある。本に挟んであってレジで抜かれる紙きれだ。これで売れた本を注文したりする。

出版社勤めの父の話の続きだが、毎月書店ごとの売上げスリップを持ち帰っていた。それを母がどの店で何という本が何冊売れたか数える内職をしており、私もよく手伝った。すんごい手作業の古い話みたいだなー(笑)。
あるときイタズラで、その冊数をこっそり書きかえたらめっちゃ怒られた。そりゃそうだ、えらいこっちゃ。

POSレジで大型書店は売上管理できるけど、小さい書店にとってはスリップが大事。
アロワナ書店でもスリップ入れの箱を作るくだりが出てくる。思い出とともに、いつまでもあってほしい。

見てみよう! 本屋さんの仕事 (本屋さんのすべてがわかる本)見てみよう! 本屋さんの仕事 (本屋さんのすべてがわかる本)
(2014/01/25)
稲葉 茂勝

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

『調べよう!日本の本屋さん:本屋さんのすべてがわかる本2』稲葉茂勝文 秋田喜代美監修/ミネルヴァ書房

シリーズの予約本が回ってきたのでイッキ読み。日本の本屋さんの歴史がよくわかった。

世界最古の印刷物といえば百万塔陀羅尼、というのは社会の時間で確か習った。でも日本最古の書物や、日本最古の本屋さんって意外と知らない。徳川家康が金属活字をつくらせて、出版に力を入れたなんて知ってた?

日本の出版の特徴としてあげられるのは、委託販売制度。出版社→取次→書店へと本を預け、売れなかったら返本する。昔はこの仕組みがよくわからなかった。

実は私の父は出版社に勤めていて、学校で「お父さんの仕事を説明する」という宿題で凄く難儀した覚えがある。なんで取次を介するのかわからず、何度聞いても小学生の自分は理解できなかった。そこはさらっと流せばいい、と母の教えでなんとかスルーしたのだった。

あのときの私にこの本を見せてやりたい。今の子はいいな。調べものはぜひ図書館へ!

調べよう! 日本の本屋さん (本屋さんのすべてがわかる本)調べよう! 日本の本屋さん (本屋さんのすべてがわかる本)
(2013/12/26)
稲葉 茂勝

商品詳細を見る

テーマ: 児童書
ジャンル: 本・雑誌

『調べよう!世界の本屋さん:本屋さんのすべてがわかる本1』稲葉茂勝文 秋田喜代美監修/ミネルヴァ書房

全4巻の児童書だけど、大人も見てきっと満足すると思う。

各国には有名書店がそれぞれある。例えば日本でいうところの紀伊國屋書店。アメリカならBARNS & NOBLE、イギリスならHATCHARDS。
本の国際標準図書番号ISBNを作ったのは、世界初の本屋チェーン店でもある、イギリスのW.H.スミス社だって知ってた?

気になるのは一党独裁国家の本屋さん。ひえー、児童書がここまで踏み込むとは。北朝鮮には国営書店があるらしく、写真も掲載。以下写真横の説明文。

平壌にある国営書店は、ビルの1階20坪ほどの図書室といった感じの本屋。ならんでいる本は、店舗の3分の1が金日成全集や選集、朝鮮労働党の書籍、雑誌、主体思想の本、3分の1は平壌市地図、ガイドブック、絵はがき、国旗、指導者のバッジなど。のこりの3分の1は、金日成肖像画、祭壇の花だ。これで本屋と言えるだろうか。


うーん、いくら平壌市民が携帯を持ったりレジャーを楽しんだりするようになっても、やはり制限はかなりされているのがわかる記述だ。

調べよう! 世界の本屋さん (本屋さんのすべてがわかる本)調べよう! 世界の本屋さん (本屋さんのすべてがわかる本)
(2013/11/25)
稲葉 茂勝

商品詳細を見る

テーマ: 児童書
ジャンル: 本・雑誌

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックデザイン 新聞社 本屋大賞 写真集 アアルト 大学図書館 辞書 ミシマ社 村上春樹 古本 個性派書店 レファレンス 岡崎武志 本好きの芸能人 編集者 クラフト・エヴィング商會 読書術 映画化 司書 図書館員 永江朗 学校図書館 海外の図書館 装幀 公共図書館 本の雑誌 震災 HONZ ブックカフェ 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。