カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「久米書店」始まりました。

最近めったに見なくなった久米宏が、本にまつわる対談番組を始めた。久米書店の店員は檀密、興味ある取り合わせだ。(BS日テレ、毎週日曜18:00~)

しかし残念ながら初回は見逃してしまった。見たのは2回目、ゲスト柴門ふみさんの回。1時間番組で間に檀密の朗読や新刊案内っぽいコーナーも挟むが、結構たっぷりゲストの話が聞ける。なんといっても久米宏は話がうまい。テンポが軽快で楽しい。檀密は彼女なりの考えをまとめて言葉にするので、ちょっと違うふうに話が広がりそうで面白い。村上龍と小池栄子の毒ありバージョンという感じ。毎週見たいぞ。

本を紹介する番組がちょこちょこ増えてきた。内容をプレゼンして読みたい本を決めるとか、こういった著者をゲストに招いて書かれた背景を知ることもできる。
今やドラマ・映画もかなりの数が、本を原作としている。出版大国にもかかわらず日本人はあまり本を読まないとされているが、何らかの形できっと本には関わっているんだろう。え、これもなの?というとっかかりが見つかると、意外と素直に本を読むのかも。

公式サイト「久米書店」
http://www.bs4.jp/kumebook/
スポンサーサイト

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

「宮崎美子のすずらん本屋堂」やってます。

先日「原宿ブックカフェ」をご紹介したので、ついでに(失礼)こちらも。BS11で放送中の番組。MCの宮崎美子さんは子どもの頃から本が大好きだったとか。知的で優しい語り口がとても上品な印象。毎回作家をゲストに迎え、最新刊についてインタビューされる。

11/8放送分ではいつものスタジオを飛び出し、神保町ブックフェスティバルへ。今や大規模イベントになりつつあるブックフェスティバル、遠方でなかなか行けない人にも活気ある様子が見れて楽しそう! こういうふうに各地の古本市や本のお祭りごとをいろいろ中継してほしいな。

公開インタビューは林真理子。ほぼ同年代の女性同士ならではの話は興味深かった。作家さんの話を聞く機会はあまりないので、細く永くやってほしい番組。今回は参加者からの質問や感想もあり。いつもこんなふうだったらいいのに。一方的なインタビューだけでなく、読者の声も入れてほしい。

最後に宮崎さんが本の朗読をされるが、これは女優ならではのコーナー。私個人的には1人の人が朗読するのはあまり好きじゃないけど、選んだ本には興味湧くね。

BS11公式サイト宮崎美子のすずらん本屋堂
http://www.bs11.jp/entertainment/1681/

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

「原宿ブックカフェ」始まりました。

2013年10月からスタートしたBSフジの番組。
その名のとおり原宿にあるブックカフェ(Café NESCAFE=ネスレ提供だ!)から、本にまつわることをいろいろ紹介してくれる。

今流行りのビブリオバトルは、毎回大学生2名がオススメ本を紹介。5分間のプレゼンでどちらの本が読みたくなったか投票。学生の緊張して喋る姿に、人にいかに伝えるかということの難しさを感じる。
文壇レシピは、小説に出てくるグルメを再現。お店に行けば期間限定で食べられることも。

私のお気に入りは番組の最後、下北沢の書店B&Bの店主である嶋さんが教えてくれるコアな書店紹介。聞き手の小山薫堂さんのリアルな反応が面白い。構えて聞いてたはずなのに、あるところで食いつく。そこが自分と同じだとちょっとウレシイ。

最近本を紹介する番組が少し増えつつあるかな? 今までは新刊やベストセラー総括みたいな感じだったが、こういう好きなものをのんびりと読むというコンセプトがいい。

公式サイト 「原宿ブックカフェ」
http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

『ネバーランド』DVD

今度は劇作家ジェームズ・バリの「ピーターパン」創作秘話の物語です。
ピーターパンって元々戯曲だったんですね。へぇー。

ジョニーデップがバリを演じているのですが、最近の役どころとは違ってごく普通(!)の人にまず新鮮味があります。バリは未亡人とその子どもたちに出会い、彼女たちのために「ピーターパン」を創作するのです。三男のピーターがそのモデル。未亡人はケイト・ウィンスレット、なかなかいいです。

父を亡くし夢をあきらめかけていた子どもたちに、バリが一生懸命に空想する楽しさを教え、感動的な物語になってます。出会いの場となったケンジントン公園には、ピーターパン像が建てられているそうです。

そういえばマイケルジャクソンの家兼遊園地もネバーランドでしたね。もちろんピーターパンに由縁しているのですが。
DVDでは純粋にファンタジーを楽しんでくださいね(笑)。

ネバーランド [DVD]ネバーランド [DVD]
(2006/06/23)
ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット 他

商品詳細を見る

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

『ミス・ポター』DVD

もうすぐ年末年始のお休みです。1人で本を読むのもいいけど、家族みんなでDVD鑑賞はいかがでしょうか。

ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターの半生を描いた作品です。
上流階級として育ったビアトリクスは、恋愛にも興味がなく絵を描いたりお話を創ったりするのが大好き。出版社に自らピーターラビットを売り込みに行きます。無事発売できたのも彼女を担当したノーマンの努力あってこそ。2人は結婚を約束しますが…。その後困難を乗り越えて彼女は立派にやっていきます。

途中ピーターラビットやあひるのジマイマなんかが、絵から動き出すのが可愛い。イギリスの湖水地方の景色も美しいです。

以前に公共図書館に納品する本を装備していたとき、ピーターラビットのミニ絵本セットがよく入ってきてました。そのとき読んでピーターのお父さんは人間に捕まってパイにされて食べられたことを知りました。結構衝撃の事実!(本作品の中にも出てきます)

ミニ絵本にバーコード貼るの大変だったよ。でも絵本は可愛いのだ。

ミス・ポター [DVD]ミス・ポター [DVD]
(2010/08/27)
レニー・ゼルヴィガー

商品詳細を見る

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

本屋大賞 公共図書館 本好きの芸能人 ブックデザイン 読書術 大学図書館 海外の図書館 司書 村上春樹 写真集 辞書 図書館員 レファレンス 永江朗 ブックカフェ HONZ 編集者 本の雑誌 アアルト クラフト・エヴィング商會 学校図書館 新聞社 装幀 震災 映画化 古本 ミシマ社 岡崎武志 個性派書店 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。