カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『狭くて小さいたのしい家』永江朗、アトリエワン著/原書房

出版ライターの永江氏が自宅を建築されたときのルポ。永江氏が京都の町屋に住むようになった、とは別の本で知っていたが、本書はその前の東京での体験談。

自宅に本が多くあり、そこを仕事場にもしていることから、書斎がどんなふうになるのか想像していたが、そのページはほんのわずか。それでも土地購入から東工大研究室への設計依頼から、家を建てるってこんなに細かいことまで決めるんだというオドロキとハッケンで読み進めた。

ここで触れるべき肝心の書斎は、永江夫妻お気に入りのアアルトという建築家の造った図書館にヒントを得て、ぐるり全面が書棚になっている。また書棚を作る際は、本が何冊入るとかではなく、何メートルの幅が必要かということで計算をするのが鉄則のようだ。

確かに以前いた図書館でも本を大幅移動する際にまずしたことは、移動したい本が棚の何割分が書き出す作業から。棚に満杯埋まってたら"1"、半分なら"0.5"。基本の棚の長さを測って移動先の書架の必要サイズを空ける。パズルのように楽しめればいいけど、最後の移動自体はやっぱり体力勝負なのだ。

狭くて小さいたのしい家狭くて小さいたのしい家
(2004/08/25)
永江 朗、アトリエ・ワン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 永江朗 アアルト

『文房具56話』串田孫一著/ちくま文庫

串田孫一という人が演出家串田和美さんのお父さんだったとは、最近知ったこと。哲学者の書くちょっと古いエッセイだったのでどんなだろうと思ったけど、意外と普通に読めた。

とは言っても、今の若い人には通じない話も多々あり。「月刊事務用品」という雑誌に連載されていた(こんな雑誌があるんだな!)文房具にまつわる短文には、書道の道具は各家庭に普通にあったし、小学生は小刀で鉛筆を削った時代のことも出てくる。残念ながら我が家には硯も墨もなかったけど、ナイフで鉛筆は削ったなあ(年がわかる…)。

本関連のこのブログなので、書棚についての箇所を見てみる。著者は手作りで棚をこしらえていたそうだが、ある日木が裂けていくような音を聞く。忙しい最中だったため応急処置を施し様子を見ていたそうだが、その間戦々恐々としていたという。オソロシー。

本が増え床が抜ける恐怖は、岡崎武志氏も書いている。棚だけの恐怖でまだ良かったのでは?

我が家では文庫用の小さい本棚が、なぜか食卓にあって塩・コショーが入れてあった時期があったよ(笑)。

文房具56話 (ちくま文庫)文房具56話 (ちくま文庫)
(2001/01)
串田 孫一

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

「装丁+(プラス)展」に行きました。

昨日の朝日新聞夕刊に標記についての記述あり。日本図書設計家協会(そーゆーところがあるんだ!)主催でペーパーボイス大阪にて装丁家らの展覧会が開催中とのこと。

約30人の装丁家がブックカバーやしおりを展示している。そしてなんと、気に入った作品は1人10枚まで無料で持ち帰れる! これは行かなきゃソンソン。

装丁+展(クリックすると大きくなります)

ちょうど近くに用事があったので早速行ってみた。オフィス街の一角で平和紙業という紙を扱う会社のビルなんだ。朝10:00過ぎにも関わらず、次々とお客さんがやってくる。やはり新聞効果は大きいんだろう。

装丁家といえば有名どころの名前が何人かは挙げられるが、考えてみれば出版大国日本なので本のデザインをする人もそりゃたくさんいるんだろう。それぞれが工夫されていて、普通に絵画としても楽しめるものもある。

ブックカバーは書皮として飾られ、いろんな人がデザインしていたが、同じ紙質で色も5色に限定されており、統一感ある中にも個性が感じられて素敵。使うのはもったいない気もするけど、本に巻いた感じがまたしっくりきていい

28日まで開催中、あと少し。もっと早く知ってればここでお知らせできたのに、残念。

テーマ: 本に関すること
ジャンル: 本・雑誌

タグ: ブックデザイン

『つかう本』幅充孝、千里リハビリテーション病院監修/ポプラ社

ブックディレクターとしての幅さんが手掛けた、リハビリテーション専門病院の本棚づくりから生まれた本。

脳卒中などのリハビリに効く本、という未知の本棚には一体どんな本を置けばいいのか? 医師や患者と話をしながら、双方が手探りで集めた「道具としての本」は、それぞれが個性を発揮していて普通に読んでも楽しめそうなものばかり。

児童図書館の勤務経験がある人に伺ったが、年配の方に昔の絵本を見せると記憶が甦ることがあるとか。そんな写真集や想像力を活性化させるような図鑑や詩集もある。

ノーベル文学賞受賞者シンボルスカの「終わりと始まり」という詩は朗読の為に選ばれてるけど、イメージしながら読むとこんなに胸に訴えかけるものはない。戦争のことを書いているが、昔のことではなく現代社会の問題が浮き彫りにされていて、深く考えさせられる。

使う人に応じて変化していく本棚は、これからの進化も楽しみ。
ヘンに強制化しないのがまたいい。

つかう本つかう本
(2009/12)
幅 允孝

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

『本を愛するすまい:LIFE STYLEで考える6』川崎衿子編 松澤貴美子著/彰国社

住まいづくりのためのシリーズの中の1冊。建築から見た本との付き合い方だと思ったら、なんと本の歴史から始まっている。本と共存するということは、その相手をすべて知り尽くせということか。

とは言え、やはり建築が中心なので書斎のあれこれを掲載。一口に書斎と言っても、ただ本を置いて机といすがあればいいというものではない。読書に適した姿勢で本の収納に良い環境が保たれなければ、逆に本が読めなかったり蔵書を傷めることになる。椅子の高さ、棚の材質、きっと凝りだすときりがないのだろう。

うちの大学図書館で困っているのは、書架と照明の位置
棚と棚の間にちょうど蛍光灯がきてほしいところが、棚は棚、照明は照明で等間隔に設置されてるので、ちょっとずつずれていて、棚のちょうど真上に照明がある場所がある。
結果棚の前で本を選ぶのには暗くて見づらい。図書館だけの建物ではないので、しょうがないっちゃしょうがないのだけど…。せっかく新しい建物なのに、そこが残念なのである。

本を愛する住まい (LIFE STYLEで考える)本を愛する住まい (LIFE STYLEで考える)
(1997/06)
松沢 貴美子

商品詳細を見る

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ミシマ社 海外の図書館 公共図書館 本の雑誌 図書館員 震災 永江朗 学校図書館 映画化 新聞社 本好きの芸能人 辞書 装幀 ブックデザイン 司書 大学図書館 個性派書店 本屋大賞 レファレンス 読書術 古本 編集者 クラフト・エヴィング商會 HONZ 写真集 ブックカフェ 岡崎武志 村上春樹 アアルト 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。