カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本屋さんのダイアナ』柚木麻子著/新潮社

表紙の感じからするとファンタジー。彼女の話題作『ランチのアッコちゃん』のイメージも、優しくほっこりするもの。
2015年本屋大賞ノミネート作品

ダイアナと彩子、2人の小学生から大人になるまでの成長物語。キャバ嬢を母に持つダイアナは、名前を大穴と書いてダイアナと読むことからずっとバカにされてきた。その名前を褒めてくれたのが彩子。彩子はお嬢さん育ちだけど、お互いは自分にないものに憧れすぐに親友に。しかし勘違いから仲たがいし、2人は別の道を歩む…。

山田詠美『学問』を読んだとき、学校で教わる勉強ではなく、これぞ生きていくための本当の学問である!といたく感動した。それをソフトにしてファンタジー要素を盛り込んだのが、この本のような気がする。

みんながみんな、アンみたいに飛び立てるわけじゃない。ほとんどの女の子は村で生きていく。脇役のダイアナこそが多くの女の子にとって等身大で、永遠の"腹心の友"たるべき存在だから……。

きれいごとだけで終わってないところも、またいいぞ。4月7日発表が楽しみ。

本屋さんのダイアナ本屋さんのダイアナ
(2014/04/22)
柚木 麻子

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 本屋大賞

『舟を編む』三浦しをん著/光文社

まずはじめにご紹介するのは、2012年本屋大賞『舟を編む』です。
『大渡海』という大型辞書の出版に携わる、編集者たちの15年もの歳月を描いています。
辞書づくりということでちょっとマニアックなのかと思いきや、意外と青春小説に負けない爽やかさ。多少主人公はマニアックな一面を持ち、趣味である"駅のホームにあふれた人がエスカレーターに整列して吸い込まれていくのを見る"というのは、実在の編集者の趣味を採用したとか。
2013年4月には松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー出演で映画化決定。
本好きな人にはゼッタイオススメ。今のうちから読んでおくべきですよ
舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る
関連記事

テーマ: 売れてる本
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 辞書 本屋大賞 編集者 映画化

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

本の雑誌 学校図書館 ブックデザイン HONZ レファレンス クラフト・エヴィング商會 海外の図書館 新聞社 岡崎武志 アアルト 装幀 映画化 ミシマ社 ブックカフェ 大学図書館 辞書 永江朗 本屋大賞 震災 司書 図書館員 個性派書店 村上春樹 本好きの芸能人 読書術 公共図書館 編集者 古本 写真集 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。