カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『河北新報のいちばん長い日:震災下の地元紙』河北新報社著/文藝春秋

新聞は大事

震災関連をもう1冊。

地元新聞社は地域に根付く情報源。しかしその彼らが被災者となったとき、自らを守るのか、報道を優先するのか、記者たちの迷いジレンマが痛いほどわかる。

被災状況を確かめるヘリからは、学校の屋上で助けを求める人々の姿が見える。「ごめんなさいね、何もできなくて」と何度もつぶやくカメラマン。福島からの取材撤退に一度は引き上げるも、自問自答してまた取材に戻る記者。現地に赴きたい気持ちを抑え、社内でおにぎりを握る記者。その後の社内アンケートにも多くの記者が、当時の判断は正解だったのかと考え続ける。

そしてまた新聞の配達員たちも必死の思いだった。避難所で何の情報もない人々が、号外を待ち構えている。彼らなくしては情報は行き渡らないのだ。ページをめくるたびにこみ上げてくるものは、既に震災を忘れかけている私たちにひどく訴える。現実を知るすべは、当事者が語ることにつきる。

何が正しい判断だったかは誰にもわからないが、少なくとも完全な間違いは誰もおかしていないだろう。地域によりそう地元新聞社だからこその配慮が、あちこちからうかがい知れる。地方紙ならではの取り組みにも今後期待する。

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
(2011/10/27)
河北新報社

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 震災 新聞社

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ミシマ社 海外の図書館 公共図書館 本の雑誌 図書館員 震災 永江朗 学校図書館 映画化 新聞社 本好きの芸能人 辞書 装幀 ブックデザイン 司書 大学図書館 個性派書店 本屋大賞 レファレンス 読書術 古本 編集者 クラフト・エヴィング商會 HONZ 写真集 ブックカフェ 岡崎武志 村上春樹 アアルト 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。