カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

やまゆ

Author:やまゆ
大学図書館で司書のおシゴトしてます。読んだ本の感想や、本にまつわるあれこれについてお話しできればいいな。

カテゴリ
アルバム
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本の逆襲』内沼晋太郎著/朝日出版社

なぜか全頁緑色、目にいいのか悪いのか? それはさておき…。

下北沢でおしゃれな本屋B&Bを経営する内沼さん、
ブックコーディネーターとしても有名。
本文化が廃れていくという提言に反して書いたのがこの"逆襲"。

特に印象に残ったのは冒頭の、

たとえば「飲食業界の未来」と「食の未来」、「アバレル業界の未来」と「ファッションの未来」とは、別のものだと考えるようになりました。「出版業界の未来」ははっきり言って暗いけれども、生き残る方法はたくさんあるし、「本の未来」に至ってはむしろ明るく、可能性の海が広がっているとぼくは考えています。

ということ。

齋藤孝先生の本によく、著者が一番言いたいことは読み始めてすぐ書かれてある、と書いてある。おお、まさしくこれ。この可能性について、内沼氏独特の意見が述べられている。本書を読むと、どこまでを本ととらえるか、紙の本だけが本か、ということにしばられていることが、ある意味どうでもよくなる。

本屋にできることは本を人とをつなぐこと。だったら手段は問いませんという考え方が、本の未来を広げているんだなあ。ヴィレッジヴァンガードを思い浮かべるとわかりやすいかも。考えさせられる~。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 個性派書店

「本屋へ行こう!!」洋泉社MOOK

毎年(?)出ているこのムック、新しいのが出ましたよー。

記事を見ると、今年は新しい書店さんがたくさん出てきた印象。
新刊書店でもこだわりの棚づくりで、良い意味でセレクト古書店のようになってきたかと。

先日初めて梅田の蔦屋書店に行ったときもオドロキました。
広い店内は円形になっていて、売り場をくるっと1周周る感じで、どこの棚もこだわりがスゴイ。
お客さんは楽しいけど、店員さんはさぞ大変だろうと心配になるぐらいでした。
(ちょうどペッパーくんが来ていて、ペッパー音頭を歌ってましたよ)

楽しい記事もさることながら、「絶歌」を売ることについてなどにも触れられており、
書店が人々に与える影響も考えさせられます。

例えば自分の大学図書館でこの本がリクエストされたらどうするか? 
判断は図書委員の先生方に任せて逃げることはできても、もし入れるとなったら私が発注かけるんだなー、とそれだけで凄い責任を感じます。

書店や図書館は文化の発展も担っている立場でもあるので、
いろんな議論が必要だと思いますね。


関連記事

テーマ: 雑誌(既刊〜新創刊)
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 個性派書店

『本屋になりたい:この島の本を売る』宇田智子著 高野文子絵/ちくまプリマー新書

沖縄の小さな古本ウララというお店をご存じですか? 
元ジュンク堂社員の著者が1人で経営されています。

若い女性がやってる古本屋って最近結構増えてきて、どこもちょっとこじゃれててイイ感じ。でもこの店主さんはそんなおしゃれ感覚ではなく、本当に必要な本を本当に必要な人に紹介したい、というなかば使命感に溢れて、その手段が古本屋という結果になったような感じすらある。

扱うのは主に沖縄の本。社員時代に那覇支店で働いていたことから、沖縄の本の流通も心得ている。沖縄に関する本がたくさん発行されている背景には、本島との流通に時間がかかるということや、沖縄独自の文化がありすぎて全国的な本はあまり好まれないなど、様々な要因もあり県内で出版が盛んになったことが考えられるのだそう。

かと言って難しい専門書を扱うのではなく、商店街を歩く人がたまたま沖縄の本に気付いてくれれば、という入り口的な存在になろうとされている。素敵すぎます。応援したくなるぞ!



そんな私は夏休みに宮古島に行きました。宮古まもるくん(クリックすると大きくなります)

本書をお供にして南の島の本屋もいーなー、と夢見心地。
読書と同じで楽しい時間はあっという間に過ぎましたとさ。
ラフティー&アーサー天ぷら揚げジーマミー豆腐海ぶどう島らっきょ(これもね)
関連記事

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 個性派書店 古本

『世界で最も美しい書店:The 20 Most Beautiful Bookstores in the World』清水玲奈著/エクスナレッジ

G.W.にどこへも行けない人(私も含めて)におすすめ。
せめて目の保養だけでもこの本でどうぞ。

ポルトガルのLer Devagar(レール・デヴァガール)という店名は「ゆっくり読むこと」という意味。他にも台湾のVVG SomethingのVVGとはヴェリー・ヴェリー・グッドだとか。メキシコのCafebreria El Pendulo(カフェブレリア・エル・ペンドゥロ)はカフェと書店(リブレリア)の造語に振り子を意味するエル・ペンドゥロがつく。フーコーの振り子のようにまた戻ってくる場所にという想いから。
店名には店主の思いがそれぞれ詰まっていて、またその名前どおりの美しい店内の写真があふれている。

以前に紀伊國屋書店の社長がTVで店名の由来を語っておられた。
和歌山で炭を代々扱っていた創業者が、一念発起して本屋に商売を替えた。しかし屋号はそのまま紀伊の国の店という意味を使い続けているそうだ。TSUTAYAも元々蔦屋書店だし、日本はやっぱ漢字がいいかもしれない。

紙の文化だって和紙が全国各地違うことも興味深い。書店は文化の発信基地であってほしいので、もっとその国の文化をアピールする場でもあってほしいな。


関連記事

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 写真集 個性派書店

『THE BOOK 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」ミシマ社編/ミシマ社

取次を通さず出版社→書店のルートを展開するミシマ社だからこそできた本。
全国の書店員のイチオシを紹介すると共に、その書店の良さをミシマ社員が紹介。

さすがに本のプロが選ぶ本は、全く知り得なかった本も多く興味深い。そんな中でも自分の読んだ本が紹介されていると妙にウレシクなる。この人きっと自分と気が合うかも、なんて。ゼッタイのおすすめを平台から何年も欠かさないというツワモノ店員さんもおられて、すごい自信と楽しんで仕事をしている様子が伺える。

行ったことのある店のページを読むのもワクワクする。私がよく行くのは近くのショッピングセンター内の紀伊國屋さん。何を買うわけでもないのに必ず最初に立ち寄り、30分ほどウロウロしてそれから買い物へ。(実はここで紹介する雑誌は、そんなふうにして立ち読みしていることが多い…) 

前の職場は校内にも紀伊国屋さんがあったので、よく買いに行っておしゃべりもしたなー。彼女たち元気にされてるかな。

THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」THE BOOKS 365人の本屋さんがどうしても届けたい「この一冊」
(2012/08/05)
ミシマ社

商品詳細を見る
関連記事

テーマ: 今日の一冊
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 個性派書店 ミシマ社

カウンター
よろしければ、お願いします♪
ポチッと押していただければ励みになります。
キーワード

ブックカフェ 読書術 クラフト・エヴィング商會 ミシマ社 村上春樹 写真集 震災 ブックデザイン 古本 海外の図書館 岡崎武志 本屋大賞 辞書 レファレンス 図書館員 映画化 大学図書館 編集者 個性派書店 HONZ 本好きの芸能人 司書 本の雑誌 アアルト 装幀 新聞社 公共図書館 永江朗 学校図書館 

Amazon
読書メーター
やまゆさんの読書メーター
リンク
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。